スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球を考える

持続可能な発展/地球温暖化/循環型社会
 ├持続可能な発展/持続可能な社会
 ├持続可能な森林管理
 ├持続可能な農業
 ├持続可能な地域作り、街作り
 ├バイオリージョナリズム
 ├温室効果ガスの増加と地球温暖化
 ├地球温暖化防止国際会議
 ├地球温暖化防止の方策
 ├電気自動車/ハイブリッドカー/燃料電池車
 └炭素税/環境税

自然エネルギー/再生可能エネルギー
 ├脱原子力発電
 ├バイオマス・エネルギー
 ├木質バイオマスの熱利用
 ├木質バイオマス発電
 ├バイオガス
 ├風力発電
 ├太陽光発電
 ├葉緑素の光合成と有機物の「生産者」
 ├里山と炭焼き
 └電熱併供給

廃棄物/リサイクリング
 ├産業廃棄物処理施設をめぐる対立
 ├一般廃棄物の増大と埋立地の制約
 ├拡大生産者責任
 ├循環型社会形成促進基本法
 ├容器のリサイクルの仕組みづくり
 ├廃家電リサイクルの仕組みづくり
 ├生ゴミの堆肥化
 ├ 製品の一生への配慮(Life Cycle Assessment)
 ├ゼロ・エミッション
 ├古材の市場
 └廃油を再生したディーゼル燃料VDF
スポンサーサイト

持続可能な発展/持続可能な社会

「持続可能な発展 (Sustainable Development)」は、資源やエネルギー(とくに化石燃料)の使用や廃棄物を減らし、環境再生を最優先する方向への社会経済の転換を表す包括的な用語である。EUでは基本原則を定める文書であるアムステルダム条約(1997年に調印された欧州連合条約)に「持続可能な発展をめざす」ことが明記されている。
日本では、「循環型社会」という言葉が主に用いられるが、これはリサイクルを中心にした用法が多いので、より包括的な「持続可能な発展」を戦略目標と見なして、議論を重ねて、追求すべき目標の体系をはっきりさせていくのがよいと考えられる。

【お勧めサイト】

Europian Union
Europian Union / Policies / Environment / introduction
Europian Union / The Amsterdam Treaty: a Comprehensive Guide


【このトピックスをめぐるWebLogue特集】
「ヨーロッパ統合と持続可能な発展」

【関連の深いエコトピックス】
* 持続可能な森林管理
* 持続可能な農業
* 持続可能な地域づくり
* バイオリージョナリズム
* 地球温暖化防止の方策

持続可能な森林管理

樹木を伐採しても、適切な管理をすれば一定の時間がたてばまた伐採できる同じ樹木が育つ条件の森林では、木材は再生可能な資源と言える。そのため、持続可能な社会の資源の循環をつくっていく上で、森林資源をうまく活用することが重要な課題のひとつとなる。人手を加えない状態で保護すべき森林ははっきり保護区としての管理を確立した上で、他方で森林資源を活用する人工林では、資源を破壊しない「持続可能な森林管理」を行うという方向づけが望まれる。「持続可能な森林管理」と言えるには、どういう条件を充たす必要があるかという点について、森林認証制度との関連で議論が具体化しつつある。

【お勧めサイト】
持続可能な森林経営の実現のための政策手段に関する勉強部屋
WWF Japan
WWF Japan / FSCの森林認証制度

【このトピックスをめぐるWebLogue特集】
「森林破壊を抑え、資源を上手に活かすには」

【関連の深いエコトピックス】
* 持続可能な発展/持続可能な社会
* 熱帯雨林の生物の桁はずれな多様性
* 豊かな広葉樹林とツキノワグマ
* バイオリージョナリズム
* ロシア極東タイガ林の乱伐

持続可能な農業

化学肥料と農薬、化石燃料に依存した農業への反省から、土壌の生態系を維持し地域の資源を循環的に結びつける「持続可能な農業(Sustainable Agriculture)」への転換の重要性が認識されるようになっている。
化学肥料に依存した農業から脱却するためには、周囲の里山から集めた落ち葉や家畜の糞などから堆肥をつくり「生きた土壌」を取り戻さなければならない。
そして単一品目に特化し量産するのではなく多品目の農作物と小規模な畜産をうまく組み合わせて資源を循環させることによって化学肥料や農薬を使わないでも安定した収穫が得られるようになる。
またバイオガスなどの自然エネルギーの利用をはかることで化石燃料の使用を削減できる。

【お勧めサイト】
Hokkaido Agriculture Online / クリーンレポート
幸田シャーミンのエコインタビュー / 第5回・金子美登(埼玉県小川町)

【このトピックスをめぐるWebLogue特集】

「生きた土壌と持続可能な農業」

【関連の深いエコトピックス】
* 持続可能な発展/持続可能な社会
* 生きた土壌
* 土壌生物
* 里山と炭焼き
* 山村文化と焼畑農業
* アグロフォレストリー
* バイオガス

持続可能な地域づくり、町づくり

「持続可能な町づくり、地域づくり」に意欲的に取り組む街や地域が「持続可能な社会」への転換の先導役を果たすと考えられる。「持続可能な町づくり、地域づくり」とは、量産型工業化とそれにともなう開発によって破壊、分断されてしまった生態系の保全、再生に最優先課題として取り組みながら、新たな発展性のある産業や市民事業、アクティブな市民が育つ学びのシステム、柔構造的な行政システムなどをつくり出していく、地域の社会経済の構造転換への挑戦である。

地域の生態系の再生を進めると、風土に根ざす生活文化の意義が再発見されるが、そうした伝統的な文化や技術と新たな情報技術や循環型技術を組み合わせて、新しい豊かさをつくり出していくことが課題になる。

【お勧めサイト】
EY's WORLD GATEWAY plus / 柳沢英治「持続可能なコミュニティにむけて」
Sustainable Citiy --Working toward a Sustainable Future for San Francisco

【関連の深いエコトピックス】
* 持続可能な発展/持続可能な社会
* バイオリージョナリズム
* 持続可能な地域づくりとミュージアム
* 地域通貨の可能性
* 持続可能な森林管理
* 地球温暖化防止の方策
* 持続可能な地域づくりと手仕事
* フィールド・ラボ/野の研究所
* 持続可能な農業
* Iターンと持続可能な発展への転換
* 体験型の環境学習

カテゴリ
プロフィール

EcoNavi編集室

Author:EcoNavi編集室
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。