スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持続可能な森林管理

樹木を伐採しても、適切な管理をすれば一定の時間がたてばまた伐採できる同じ樹木が育つ条件の森林では、木材は再生可能な資源と言える。そのため、持続可能な社会の資源の循環をつくっていく上で、森林資源をうまく活用することが重要な課題のひとつとなる。人手を加えない状態で保護すべき森林ははっきり保護区としての管理を確立した上で、他方で森林資源を活用する人工林では、資源を破壊しない「持続可能な森林管理」を行うという方向づけが望まれる。「持続可能な森林管理」と言えるには、どういう条件を充たす必要があるかという点について、森林認証制度との関連で議論が具体化しつつある。

【お勧めサイト】
持続可能な森林経営の実現のための政策手段に関する勉強部屋
WWF Japan
WWF Japan / FSCの森林認証制度

【このトピックスをめぐるWebLogue特集】
「森林破壊を抑え、資源を上手に活かすには」

【関連の深いエコトピックス】
* 持続可能な発展/持続可能な社会
* 熱帯雨林の生物の桁はずれな多様性
* 豊かな広葉樹林とツキノワグマ
* バイオリージョナリズム
* ロシア極東タイガ林の乱伐
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
プロフィール

EcoNavi編集室

Author:EcoNavi編集室
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。