スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温室効果ガスの増加と地球温暖化

太陽から地表に届いた光のエネルギーの大部分は熱になり、その一部が赤外線の形で宇宙に向かって放射される。この赤外線がそのまま放射されると地球の平均気温はマイナス18度まで下がってしまうが、大気中の「温室効果ガス」と呼ばれる炭酸ガス、メタンガスなどが赤外線を吸収し再放射するため、地球の平均気温は15度前後に保たれてきた。
ところが、工業化とともに大気中に排出される炭酸ガスの量が急増し、他方で、炭酸ガスを吸収する森林が減っているために大気中に蓄積された炭酸ガスが目立って増加している。そのためこのまま行くと「温室効果ガス」の増え過ぎによる地球の温暖化によって、海面の上昇や気象の異常が激しくなると予想されている。

【お勧めサイト】
EICネット / 地球環境問題入門 / 地球温暖化のメカニズム

【このトピックスをめぐるWebLogue特集】
「地球環境問題と企業」

【関連の深いエコトピックス】
* 葉緑素の光合成と有機物の「生産者」
* 地球温暖化防止国際会議
* 森林伐採による熱帯雨林の破壊
* 地球温暖化防止の方策
* ロシア極東のタイガ林の乱伐
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
プロフィール

EcoNavi編集室

Author:EcoNavi編集室
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。